ずっと家でアプリ作っていたい

業務効率化小ネタなど

【用語】JavaScriptのListener(リスナー)を分かりやすく説明

f:id:chang_app_dev:20210127202544j:plain:h540

はじめに

プログラミングを始めたての頃は、その用語の多さに圧倒される人が多いと思います。

初めて聞く単語や、独特な言い回し...。

その結果、何か調べごとをしても「結局何を言っているのかわからない」 と言う状態になることが少なくありません。(僕はそうでした)

特に僕が引っかかったのは、JavaScriptaddEventListener」と言う単語。

developer.mozilla.org

リスナーといえば音楽を聞く人、と言うイメージだったので 「なぜイベントを実行する際のメソッドはaddEventListenerと言う名前なんだ?」 とずっと思っていました。

自分の中のリスナーと、使われている意味合いがどうにも一致しなかったのです。 今はもう慣れてしまったのでなんとも感じませんが、最初は違和感しかありませんでした。

ですので、僕と同じような疑問や違和感を感じている方に向けて、 なぜListenerと言う単語が使われるのかを説明したいと思います。

Listener(リスナー)とは

Listenerと言う単語の意味を調べてみます。

www.dictionary.com

to pay attention; heed; obey (often followed by to): Children don't always listen to their parents.

「注意を向ける」とあります。 僕は「何かを聞く」と言うイメージでしたが、意味合いの中心は 「何かに対して意識を向ける」のようです。

そう考えると、なんとなくイメージができる気がします。

つまり、プログラミングにおけるListenerは 「何かしらのイベントに対して注意を向ける」 と言う意味合いなのです。

イベントとは

  • マウスをクリック
  • 特定の時刻になる
  • 通信が開始する
  • 電源が落ちる

などなど。

なので最初のイメージが本来の言葉の意味とずれていたのが 僕が違和感を感じていた原因だと思います。

終わりに

なんとも些細な内容ですが、誰かの違和感がちょっとでも少なくなったら嬉しいです。